2011-02-15

【入院→退院】

2/8-2/9の2日間、とある病院に入院していました^^
人生『初』の入院生活です。
去年から宣告されていた口腔外科のオペ入院。
短い入院生活だったけど、白衣の天使たちの無償の愛に触れ、
快適な病人生活を謳歌しての退院となりました。

私の病室はなぜか小児病棟の個室♪
らくださんのマークの部屋で、カーテンはピーターラビット。
トイレに洗面台、冷蔵庫、ソファーまで揃っているし、
病室を出たところに自販機コーナーもあるので、
何ひとつ不自由はしませんでした。
ご飯も3食付・・・のはずだったんだけど、これが残念。
おかゆの予定だった術後の夕食が普通食で出てきちゃって
気づいた看護師さんがアタフタと片付けてしまい、
結局、後から貰った牛乳とプリンしか食べれず・・・(泣)
看護師長さんまで謝りに来てくれて、こっちのほうが恐縮。
下げられる前に普通食のハンバーグをつぶして無理矢理
食べてたのも見つかって止められちゃったし・・・。
うぅぅー無念。
ま、結局、噛めないから仕方ないんだけどね。

点滴やアイシングが効いたのか、思ってたよりも顔が腫れ
なくてホントにビックリしています。

以前、同じオペを開業医で受けた時には顔が2倍くらい腫れ
あがってしまったので、今回も覚悟はしていたけど拍子抜け。
術前→術中→術後のケアでこんなにも違うのね~。
夜も痛みで目が覚めることなく、ぐっすり眠る事ができました。

翌朝、熱っぽさや痛み、血の味はするものの朝食も完食♪
身体は思っていた以上に元気のようです。
朝早く看護師さんがカーテンをあけてくれて、
窓から降る雪をぼんやりと眺めながら点滴を受けました。

その後、翌日検診のため口腔外科へ。

消毒もそこそこに、私にとって「ネ申」の主治医の先生が、
ついでに唇のホクロをレーザーで取ってくれました!
機械が2週間レンタル中とかで、要は実験台なわけです。
衛生士さんも腕のホクロを取ってもらったみたい。
長いお付き合いの唇のホクロと、
こんなタイミングでおさらばするなんて~。
これはラッキーな出来事でした★

つかの間の入院生活もあっという間に終わり。
まぁ、良い経験になったかしらん。
通院はまだ続くので、これからもよろしくって感じで(笑)

0 comments:

  © Blogger Template by Emporium Digital 2008

Back to TOP